我々、日本人が海外旅行でハワイを選択することは多いですが、中国や韓国のハワイ旅行事情はどうなっているのでしょうか。『Hawaii Tourism Authority』(以下、HTA)が調査したデータが公開されていますので、御紹介しましょう。データは2010年から2014年までが公開されています。

なお、HTAとは1998年に設立されたハワイ州の機関で、ハワイの観光産業の管理や計画などを行っています。

日本 中国 韓国
2010年 1,240,000 60,000 80,000
2011年 1,241,805 81,738 112,567
2012年 1,465,654 116,866 153,338
2013年 1,518,517 125,011 177,113
2014年 1,511,699 160,077 178,090

日中韓のハワイ観光客動向

HTAのデータから読み取れる各国の動向は次の通りです。

日本人観光客は頭打ち

日本は他の国と比べると、2014年に初めて減少傾向がでています。今後の動向が気になるところですが、右肩上がりで観光客が増加してきたことから2014年以降は観光客の伸び悩みや減少傾向がでることが懸念されます。

中国人観光客は急上昇

2010年からの2014年に至る増加率では、日本、韓国を上回る約2.7倍です。

韓国も日本と同じく鈍化傾向

韓国人観光客は減少ではないものの2013年と2014年を比較すると鈍化していることがわかります。2011年から2013年の間は順調な増加傾向でしたが、失速している印象があります。

結論は日本人はハワイ好き

日本は2014年になって減少傾向にありますが、それでも総数では中国、韓国の約10倍に近い観光客があいます。また、別の見方として、日本の人口が約1.3億人として、そのうちハワイへ観光へ行ったひとが約150万人とすると、日本の人口の約1.2%がハワイへ旅行へ行ったことになります。一方、韓国の人口を約0.5億人とすると韓国の人口の約0.4%のひとがハワイへ旅行へ行ったことになります。中国の場合は人口と比べてハワイ観光客が少ないので、現時点では日本や韓国と比較するまでもありませんが、今後、爆発的に伸びる可能性を秘めています。いずれにしても日本人はアジアの国の中ではハワイ好きであることは間違いありません。
オアフ島 ワイキキ・ビーチ