一般的にハワイは英語が話せなくても十分に楽しめると言う話があります。実際には英語が話せなくても、どの程度、現地で通用するのでしょうか。
オアフ島 ワイキキ・ビーチ

オアフ島は十分楽しめる

オアフ島内であれば日本国内で発行されている旅行のガイドブックに載っている場所にはほとんど日本語がわかるスタッフがいます。また、レストランに行っても日本語のメニューが置いてあります。しかしながら、同じオアフ島内でもレンタカーで移動するような人気がない場所や道路沿いのレストランなどでは日本語が通じない可能性があります。レンタカーを借りて市街地から離れた自然を楽しむつもりであればその辺りはある程度覚悟しなくてはなりません。

オアフ島以外は厳しくなる

オアフ島は日本人観光客を意識して日本語を話せるスタッフがいたり、日本人向けのメニューがあったり、日本人観光客には優しい環境になっています。一方で、ハワイ島、カウアイ島、マウイ島はオアフ島と比較すると日本語が通じるところは少ないようです。

慣れないうちは遠出では禁物

初めてハワイ旅行へいくと、「旅行代金も高いし、いっぺんに色々な所へ遠出して観光を済ませたい。」と思って無理をして市街地から離れるとどこかで言葉の障害を感じることがあるかもしれません。オアフ島内でガイドブックに載っているようなレストランやお店であれば現地側で日本人の受け入れ体制ができていますが、オアフ島から離れるとそれほど受け入れ体制ができているわけではありません。ハワイ旅行に限らないですが現地の言葉が喋れないことで一番困るのはトラブルに巻き込まれたり、事故にあったときです。地元の警察官に説明したくても日本語を理解できる警察官が運良くいるとは限りません。ハワイといっても日本とは違います。ある程度ハワイ旅行の経験を積んでから遠出をするか、または、若干、窮屈な気分かもしれませんがツアーに参加したほうが一番安全です。